草花木果は話題の成分が配合されているのでお肌のくすみや乾燥が気になってきてからのスキンケアコスメだと思ってしまう人もいるかと思います。

 

草花木果の口コミを見ても30代の方が多いです。20代から草花木果を使うのは早すぎるのでしょうか?

 

20代でも早く使うにこうしたことはない

草花木果 20代
草花木果は年齢が若いからといって使わない方がいいという商品ではありません。

 

20代でも肌のバリア機能は失われ始めている

バリア機能 低下"

 

まだ20代だと、肌のくすみや乾燥はまだ先の話と思ってしまいがちですが、実は20代のうちにしっかりスキンケアをして肌のバリア機能を保つことが30代、40代になってから美しい肌を維持する秘訣なんです。
20代でも、紫外線や日焼け止め、メイクなどにより肌は毎日ダメージを受けています。見えないうちにこのダメージはどんどん蓄積されており、乾燥やくすみという症状として出てきた時にはなかなか改善が難しい状況になってしまいます。
ですから、20代のうちに毎日しっかりスキンケアをしてダメージをリセットし、肌のバリア機能を維持することが大事になってくるのです。

 

草花木果では、フィトCMCが傷ついた角層セラミドを補い、角層内の水分保持やバリア機能をサポートするだけでなく、抗炎症効果が期待できるとされるサクラ葉エキスが肌をしっかり休めてくれるので、日々のダメージをリセットすることができます。

 

20代でスキンケアをすると後で差がつく

20代 スキンケア
20代の早いうちから自分の肌に向き合って、自分に合ったスキンケア化粧品を探しておくこともとても大切です。20代から効果がすぐれた自分にぴったりの化粧品を使うことで10年後、20年後の肌の状態に変化が現れます。

 

正直、私はスキンケアにずっと力を入れてきたので30代で同窓会などに参加すると、同世代の友人に比べて少し目立つようになりました。20代から変わっていないと思われていれば良いのですが・・(笑)

 

まさに今の肌は10年後、20年後の肌の状態に関係している言えます。
今でこそ、同世代とくらべて差がついていないとは思いますが、今からスキンケアを考えるかどうかで今後の肌荒れやくすみのでき方などにも差が広がっていきます。

 

草花木果で早めのケア

早め スキンケア
特に20代前半などまだ肌の悩みがない方は今使っても肌に変化が感じられない方もいるかもしれません。それでも草花木果にはフィトCMCやアミノTG、サクラ葉エキスを始め肌を休め、保湿してくれる成分がふんだんに使われていますので、使い続けることでくすみや乾燥を予防することができます。

 

もし迷っている女性がいれば、4回目以降はいつでも解約できるから一度使ってみて、続けたほうが良いと思えばそのまま継続する・・・というくらいの気持ちで良いかもしれませんね。けっきょくは自分に合うものを使い続けるのが一番ですからね。もちろん、普段の紫外線対策や睡眠を十分に取ることなどが前提にはなってきますが、一度試してみるのはオススメです。

 

 

草花木果の失敗談をこちらで紹介しているので興味があれば参考にしてくださいね。