草花木果がどんどん知名度を上げて愛用者が増えているようです。これだけ、多くの人に支持される理由は草花木果に含まれるとある成分にあります。

 

私も愛用していますが、数週間使ったあたりからどんどん肌の乾燥がなくなり、もちもちになってきました。今回は草花木果に配合されている注目成分のうちの1つフィトCMCについて解説します!

 

草花木果と言えばフィトCMC含有スキンケアコスメ

フィトCMC
フィトCMCと言えば、最近美容業界で注目の成分です。草花木果にはフィトCMCを主成分としてたっぷりと配合されています。

 

HSPフィトCMCってなに?どれくらい凄いの?

フィトCMCとは
フィトCMCとは、ゆずセラミドとコメ胚芽油を草花木果が独自にブレンドした成分のことです。
人の角層のセラミドとは、角層の細胞間を埋める細胞間脂質の代表的成分です。この角層と細胞間脂質の関係はよくレンガとセメントの関係に例えられます。角層の細胞(レンガ)の間を埋めて(セメント)中からの乾燥を防いだり、逆に外からの刺激を防ぐバリア機能を持っているのです。
そのヒトの角層のセラミドに似ているのが、ゆずセラミドなんです。だから、ゆずセラミドにも同じく皮膚のバリア機能を高めたり、肌の保湿力を高める効果が期待されます。
コメ胚芽油には、セラミドに含まれているリノール酸が含まれており、セラミドと同じく肌の感想を予防する効果があると考えられています。

 

コメ胚芽油にはγ-オリザノールという成分も含まれているのですが、この成分には、シミのもととなるメラニンの生成を促進するチロシナーゼの働きを抑制する効果があると言われています。

 

草花木果は他メーカーの商品に比べても、ゆずセラミドとコメ胚芽油を損なうことなく主成分として使用していますので、高い美容効果が期待できるのは当然のことですよね。

フィトCMCの効果的な摂取方法

フィトCMCを増やすにはどうしたらいいのでしょうか。
乾燥や花粉などの外的なストレスや加齢などにより、角層内の細胞間脂質は減ってしまってバリア機能が低下し、、より乾燥しやすいカサついた肌となってしまいます。ですので、この細胞間脂質の成分であるセラミドを補ってあげないといけないのです。
実は、フィトCMCはゆずセラミドとコメ胚芽油を草花木果が独自でブレンドした成分なので、他の商品には配合されていません。
ゆずセラミドとコメ胚芽油単体でなら他の化粧品などにも配合されていますし、ゆずセラミドを入浴剤代わりにお風呂に入れる方法もあります。

 

こうした方法も効果的ですが、実は最も効果的にフィトCMCを摂取できる方法があります。それがスキンケアコスメによる摂取です。

 

草花木果はフィトCMCを高濃度で摂取できるため、
とにかくこの成分を増やしたいと思ったら最高の選択肢だと言えるでしょう。

 

フィトCMCをまだ試したことがない・・・

フィトCMC 初めて
「最近話題になっているけど本当に効果あるの?」「なんか騙されてるかもしれないから試したことは無いんだけど・・・」興味はあるんだけどなかなか手がだせないなんていう方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

私は心配症なので購入前には口コミなどの評判をくまなくチェックしています。今のところ、フィトCMCを使ってトラブルが出たという話は聞きません。

 

草花木果はその他にも色々な工夫がされているので人生初フィトCMCという方にはハードルが低めの商品であることは間違いありません。

 

草花木果はフィトCMCだけじゃない!

草花木果にはフィトCMC以外にも高級な成分が使用されています。
成分表を見ると
・アミノTG
・サクラ葉エキス
が含まれています。

 

アミノTGとは、サトウダイコンなどに含まれている天然成分で、吸湿性と保湿性に優れています。
桜葉エキスは、ソメイヨシノの葉から抽出されたエキスで、イソフラボンやフラボノイドなどを含んでいます。保湿、肌あれ予防、抗炎症の効果が期待されます。
その他にも、肌のハリと柔軟性を高める効果が期待されるたけのこ皮エキスなどが含まれています。

 

草花木果って使うとどうなるの?

草花木果を使うと

 

・毛穴が目立たなくなる
・化粧ノリが良くなる
・肌のくすみがなくなる
・カサつきが押さえられる
・肌の活動サイクルが整えられる

 

などの悩みに働きかけてくれます。
一緒に健康で美しい肌を目指しましょう!

 

草花木果の失敗談をこちらで紹介しているので興味があれば参考にしてくださいね。